注目度が高いのは利点にもなるかと思います

国際化に伴って国際結婚も増えて、ハーフの方も大変多くなったように感じます。
テレビの世界でもハーフの方が増えていますし、外国の方だと思っていた方が実はハーフだったと知って、びっくりすることもあります。
もちろん、ハーフだからといって扱いであったり、接し方が変わるということはありません。
私個人のまわりにもハーフの方は結構いますし、日常生活の中であったり、仕事をするときにも意識することはなくなっています。
しかし、率直に述べると数年前まではハーフの方が周りにいなかったこともあり、初めて接するときには新鮮な感覚があったことも覚えています。
当人にとっては、そのような反応をどう感じているのかは分かりませんが、もし迷惑と感じているのであれば申し訳ない気持ちにもなります。
ハーフでもテレビに出演されている有名人や、スポーツ界のハーフの方を見ていると、良い意味で注目度が高いように感じます。
顔立ちに関しても日本と他の国の方の良いところを半分ずつ取り入れた感じで、男性であれば顔立ちが良かったり、日本人離れしたユーモアがあったりするなどして、自分にはない良いものを持っているんだな、と感じることもあります。
また、女性であれば顔立ちが日本人とは異なるかわいらしさがあったり、愛嬌があったり、仕草がかわいらしかったりするなどして、接していて新鮮な感覚は慣れたとはいえ時々感じることがあります。
世界中には様々な文化があり、それぞれの文化や体型や顔立ちがあり、そのような事柄を楽しめるのは良いことだと思っています。
ハーフの方はその文化や体型や顔立ちなど様々な事柄を受け継いでいるために、少し日本人とは異なるところがありますが、良い意味で生活や自分の感覚に刺激を与えてくれる存在となっています。
今後もテレビの世界でもハーフの方の有名人は誕生すると思います。
また、スポーツの世界や音楽の世界など多彩なジャンルでハーフの方が活躍することもより一層多くなることでしょう。
さらに、身の回りでも様々な背景のハーフの方が増えることでしょう。
それは嬉しいことでもあります。
それだけ、様々な背景の特徴を持った方が増えるということでもあるからです。
新鮮な感覚を与えてくれるハーフの方がもっとテレビや身の回りで増えたらよいと思います。
ハーフの方はハーフの方なりの苦労も多いかと思います。
しかし、注目度が高いという事に関しては利点ともなっているのではないかと思うこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>