きちんと無駄毛処理すればよかった…!

私のムダ毛処理が不十分で恥ずかしかった経験はこれです。

それは、大学の卒業写真を撮る日でした。
私は海外に留学して大学を出ましたので、日本とは少し違いそこでは真っ白いスーツを着ることが慣わしでした。
朝の8時から撮影で、いつもよりも早く起きなければならなかったのです。
しかし、私は肝心なときに寝坊してしまいました。
大学の卒業写真といえば、一生に残る貴重な一枚を撮る日になんてことをしてしまったのだろう…という思いでいっぱいでした。
私は普段は全く寝坊するような人ではないので、余計に悲しかったのです。

しかし、何とか急いでメイクして着替えを済まし撮影会場へと向かいました。
そして、やっとのことで順番が来ました。
皆、鏡を見ながら自分の髪型や服装を整えています。

私はふと、自分の足をみたときぞっとしました。
足のムダ毛処理をしていなかったのです…!
ストッキングの上からでも毛が生えているのが分かりました。
前日に剃る予定だったのに、すっかり忘れていたのです。
しかも、朝は寝坊してしまったため髪の毛もいつもよりぐちゃぐちゃです。

せっかくの記念に残る一枚を撮る日に限って、ムダ毛処理を忘れてしまったのです。
もう誰にも見られたくありませんでした。
幸い、そこまで毛が濃いわけではなかったので多分誰にも気づかれてはいません。
ただただ自分が恥ずかしかったのです。

女性にとってムダ毛処理をすることは、ひとつのマナーだと思うのです。

皆、いつもよりも気合を入れて綺麗にしていました。
私も一生に残る思い出の写真です、少しでも綺麗にして撮りたかったのにやってしまいました。

その思い出が忘れられなくて、卒業写真を見るといつも足に目がいってしまいます。
大学の最高の思い出を残したかったのに、今ではそんな変な思い出の一枚になっています。

それ以来私は、ストッキングを履く時や出かけるときには必ず忘れないように
前日に処理するようにしています。
自分でぞっとするくらいムダ毛があるなんてもう絶対に嫌です。

でも今ではその経験があったからこそ、気をつけるようになったので今では笑い話になりました。
こういう事は実際に自分で恥ずかしい思いをしてみないと分からないものですね。
失敗したことをそのままにせず、生かすことが出来たのでよかったです。

ムダ毛の処理は女性にとってはひとつのマナーとして、これからもしっかりしていきたいと思います。
足だけでなくもちろん、手や顔も常に綺麗に出来るように心掛けたいです。

名古屋駅前・栄・金山の脱毛サロン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>