空港ラウンジには接客担当が常に配置されていて、飲み物のサービスなどを提供してくれます。

また、コピー機やFAXの利用、プリンター、携帯電話の充電、新聞や雑誌の閲覧など様々なサービスを利用できます。
さらには、大きな空港にはシャワーや仮眠室なども完備されていたりと、至れり尽くせりといった印象ですよね。
では、空港ごとにラウンジはどのような違いがあるのでしょうか?

成田国際空港のラウンジは、手荷物検査の前にラウンジがあります。他の空港は手荷物検査の後のエリアにもラウンジが設けてありますが、成田空港の場合はラウンジでゆっくりしていても、30分前にはラウンジを出て手荷物検査を通らなくてはなりません。
設備はとても充実しています。

関西国際空港にはネットカフェと融合したラウンジがあり、シャワーやマッサージチェアなども設置されていて、とてもくつろげる空間になっています。
クレジットカード会社が運営するラウンジは一般エリアに1ヵ所、出国審査後のエリアに3ヵ所併設されています。

羽田空港のラウンジには仮眠スペースが設けられているので、乗り継ぎの間に休むこともできますし、仕事で訪れている方も睡眠を取ることができます。
また、最新式のマッサージチェアも設置されているので疲れを癒す目的での利用もいいですよね。

各空港のラウンジにはフリードリンクや、アルコールがワンドリンク無料で用意されていたりと、一般の待合エリアにはない特別なサービスが受けられるので、条件を満たしたクレジットカードを契約している方はぜひ利用してみて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>