生命保険は掛け金の一部が所得控除として扱われる

生命保険は掛け金の一部が所得控除として扱われることもあって、個人、そして法人の多くが加入しています。もちろん個人の場合には純粋にいざという時の保障を考えて安心して暮らすことが出来るように加入していることでしょう。法人では、どちらかと言うと節税対策の一環として加入しているケースが多いのではないでしょうか。ただ注意したいのが、毎年のように変更される税制です。保険などは、加入して1年で解約などは考えられません。長期で掛け金を支払っていくものです。期間が長い、その間に税制は変わることでしょう。加入じには、節税対策として大変効果的な保険だったはずが、突然の税制の変更で、メリットが少なくなることはよくあることです。例えば、がん保険では、
少し前までは保険料全額を控除として計上出来ました。しかし現在では税制改正され全額計上する事が出来なくなッテいるのです。このようなケースがよく起きるのです。ですから保険会社ではその都度、加入すると税金対策になるような保険の商品を販売するのです。まるで税制とのいたちごっこのようですね。最近は、長期平準定期保険、逓増定期保険等が注目されています。
また特に法人向けとして人気があるのが、公的制度である共済が提供している「中小企業倒産防止共済」です。これは
40ヶ月以上の加入期間で100%の解約返戻金が返ってきます。法人にとり魅力的な共済ですね。保険料を全額計上する事が出来ますから中小企業にとっては嬉しいものです。ただ、このような公的な共済であっても税制の改正により、メリットが減ることもあります。経営者は毎年の税制改正に注意が必要ですね。

保険見直し無料相談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>