月別アーカイブ: 2014年5月

空港ラウンジには接客担当が常に配置されていて、飲み物のサービスなどを提供してくれます。

また、コピー機やFAXの利用、プリンター、携帯電話の充電、新聞や雑誌の閲覧など様々なサービスを利用できます。
さらには、大きな空港にはシャワーや仮眠室なども完備されていたりと、至れり尽くせりといった印象ですよね。
では、空港ごとにラウンジはどのような違いがあるのでしょうか?

成田国際空港のラウンジは、手荷物検査の前にラウンジがあります。他の空港は手荷物検査の後のエリアにもラウンジが設けてありますが、成田空港の場合はラウンジでゆっくりしていても、30分前にはラウンジを出て手荷物検査を通らなくてはなりません。
設備はとても充実しています。

関西国際空港にはネットカフェと融合したラウンジがあり、シャワーやマッサージチェアなども設置されていて、とてもくつろげる空間になっています。
クレジットカード会社が運営するラウンジは一般エリアに1ヵ所、出国審査後のエリアに3ヵ所併設されています。

羽田空港のラウンジには仮眠スペースが設けられているので、乗り継ぎの間に休むこともできますし、仕事で訪れている方も睡眠を取ることができます。
また、最新式のマッサージチェアも設置されているので疲れを癒す目的での利用もいいですよね。

各空港のラウンジにはフリードリンクや、アルコールがワンドリンク無料で用意されていたりと、一般の待合エリアにはない特別なサービスが受けられるので、条件を満たしたクレジットカードを契約している方はぜひ利用してみて欲しいと思います。

生命保険は掛け金の一部が所得控除として扱われる

生命保険は掛け金の一部が所得控除として扱われることもあって、個人、そして法人の多くが加入しています。もちろん個人の場合には純粋にいざという時の保障を考えて安心して暮らすことが出来るように加入していることでしょう。法人では、どちらかと言うと節税対策の一環として加入しているケースが多いのではないでしょうか。ただ注意したいのが、毎年のように変更される税制です。保険などは、加入して1年で解約などは考えられません。長期で掛け金を支払っていくものです。期間が長い、その間に税制は変わることでしょう。加入じには、節税対策として大変効果的な保険だったはずが、突然の税制の変更で、メリットが少なくなることはよくあることです。例えば、がん保険では、
少し前までは保険料全額を控除として計上出来ました。しかし現在では税制改正され全額計上する事が出来なくなッテいるのです。このようなケースがよく起きるのです。ですから保険会社ではその都度、加入すると税金対策になるような保険の商品を販売するのです。まるで税制とのいたちごっこのようですね。最近は、長期平準定期保険、逓増定期保険等が注目されています。
また特に法人向けとして人気があるのが、公的制度である共済が提供している「中小企業倒産防止共済」です。これは
40ヶ月以上の加入期間で100%の解約返戻金が返ってきます。法人にとり魅力的な共済ですね。保険料を全額計上する事が出来ますから中小企業にとっては嬉しいものです。ただ、このような公的な共済であっても税制の改正により、メリットが減ることもあります。経営者は毎年の税制改正に注意が必要ですね。

保険見直し無料相談