月別アーカイブ: 2014年3月

医師として働く場所にも「 診療所」と「病院」があります。

診療所と言うのは入院患者用の病床がゼロであるから19床以下の場合をさします。
「病院」と言うのは
二十床以上の病床を有するものです。病院の場合は医師は一人では成り立ちません。
この規定は法律で決められています。
全国に診療所は約八万、病院は八千数百あります。つまり全国の8割の医療機関が診療所であることになります。
医者というとお金持ちと言うイメージがあるかもしれませんがこの診療所の場合は医師とその妻(看護師)の二人で切り盛りしているところも少なくないのです。
この現実は経営上の都合である場合もあります。つまりそれほどもうかっては以内と言う現実です。
また看護師を雇う余裕があっても看護士がいないという現状です。

日本は医師の人材不足・看護師の人手不足は深刻な問題になっています。看護師のなり手が少ないのが現状なのです。
開業医の現状は家族経営と言うのも現実なのです。