注目度が高いのは利点にもなるかと思います

国際化に伴って国際結婚も増えて、ハーフの方も大変多くなったように感じます。
テレビの世界でもハーフの方が増えていますし、外国の方だと思っていた方が実はハーフだったと知って、びっくりすることもあります。
もちろん、ハーフだからといって扱いであったり、接し方が変わるということはありません。
私個人のまわりにもハーフの方は結構いますし、日常生活の中であったり、仕事をするときにも意識することはなくなっています。
しかし、率直に述べると数年前まではハーフの方が周りにいなかったこともあり、初めて接するときには新鮮な感覚があったことも覚えています。
当人にとっては、そのような反応をどう感じているのかは分かりませんが、もし迷惑と感じているのであれば申し訳ない気持ちにもなります。
ハーフでもテレビに出演されている有名人や、スポーツ界のハーフの方を見ていると、良い意味で注目度が高いように感じます。
顔立ちに関しても日本と他の国の方の良いところを半分ずつ取り入れた感じで、男性であれば顔立ちが良かったり、日本人離れしたユーモアがあったりするなどして、自分にはない良いものを持っているんだな、と感じることもあります。
また、女性であれば顔立ちが日本人とは異なるかわいらしさがあったり、愛嬌があったり、仕草がかわいらしかったりするなどして、接していて新鮮な感覚は慣れたとはいえ時々感じることがあります。
世界中には様々な文化があり、それぞれの文化や体型や顔立ちがあり、そのような事柄を楽しめるのは良いことだと思っています。
ハーフの方はその文化や体型や顔立ちなど様々な事柄を受け継いでいるために、少し日本人とは異なるところがありますが、良い意味で生活や自分の感覚に刺激を与えてくれる存在となっています。
今後もテレビの世界でもハーフの方の有名人は誕生すると思います。
また、スポーツの世界や音楽の世界など多彩なジャンルでハーフの方が活躍することもより一層多くなることでしょう。
さらに、身の回りでも様々な背景のハーフの方が増えることでしょう。
それは嬉しいことでもあります。
それだけ、様々な背景の特徴を持った方が増えるということでもあるからです。
新鮮な感覚を与えてくれるハーフの方がもっとテレビや身の回りで増えたらよいと思います。
ハーフの方はハーフの方なりの苦労も多いかと思います。
しかし、注目度が高いという事に関しては利点ともなっているのではないかと思うこともあります。

ハーフ カラコン

半月で痩せようとした話

多少太っている自覚はあったものの、当時付き合っている人もいなかったことや、肌の露出を抑えていけばなんとかなるかといった自分に甘い判断をしていたこともあって痩せるわけもなく、美味しいものをたくさんいただいているのになんのケアもしていない日々が続いていました。

そこに突然舞い込んできたのが、海へ行こうという誘いです。
おそらく7月の終わり頃の誘いで、海に行く日が8月の半ば頃だったと思います。
自分自身、他の事情などは関係なく、夏場になったら痩せようという思いはあったのですが、なにせ自分に甘いもので実現の運びとなっていませんでした。
そこに舞い込んできた海への誘い。
海は好きですし、浜遊びも好きな私は飛びつこうとはしたんですが、自分のお腹などを改めて見て、触ってみて、今回は遠慮しようかとも思ってしまいました。

しかし、夏には痩せようと思っていたじゃないかと自問自答。
むしろこれはチャンスだとポジティブに捉えて、約束の日までに出来るだけ痩せればいいのだと思い、ダイエットすることにしました。
最初は頑張りまくって5キロ減を目指すかと無茶な設定をしていましたが、現実的に出来そうな2~3キロ減を目指すことにしました。

さて問題はどうやって痩せるかということです。
なぜ夏場に痩せようと思っていたかというと、肌の露出が増える時期だからという理由もありますが、夏場はなにより「暑さ」が後押ししてくれるものだと思っていたからです。
暑い中で運動でもすれば汗も冬場より出るはずですし、より効果的なんじゃないかという自己判断です。

そういう理由もあってダイエットの軸は運動になったんですが、ここでまた自分に甘々なところを発揮します。
紫外線を浴びたくないとか、熱中症になりたくないといった理由を勝手につけて、室内でできる運動に限定したのです。
紫外線を気にするなら海もだめじゃないかというツッコミをしたい人も多いでしょうが、はいその通りです。

とにかくダメ根性でやる運動を、「キャンプ」を張っているあの人にお願いすることにしました。
わからない人もいるでしょうが、DVDに登場する、痩せるため、鍛えるためのキャンプを張ってくれるあの人のことです。

いざ初めてみると、きつい。

夏場ですしエアコンもつけていなかったので汗もすごかったですし、思った以上に全身を使い、疲労も半端無かったですが、その分効果があるんだろうという実感と、痩せていけそうな期待をもつことが出来たこともあって、挫けずに続けていくことができました。
もちろん普段から多めに食べてしまっている美味しい物も控えたりと他の努力もしました。

その結果、海に行く頃には目標を達成できて、激痩せとまではいきませんが満足のいくものとなりましたし、「どうだ!」といえるほどの体つきにはなりませんでしたが、それでも気にせずに海で遊ぶぐらいにはなれたので、笑顔になれるダイエットになりました。

エステサロン体験コース

医療用レーザーで永久脱毛しました。

私は昔から毛深い方で、特にひざ下のムダ毛が濃いのが悩みでした。
恥ずかしい話ですが、冗談抜きで男性並みに毛深くて、むしろ体毛の薄い男性よりも私の方が濃い場合もあるくらいでした。

ずっとカミソリで剃って処理していたのですが、そもそも生えている毛が剛毛なので
どんなに丁寧に剃ったつもりでも、剃った後の毛穴が黒くボツボツと目立ってしまい
とても人様にお見せ出来るような状態ではありませんでした。

剃っても剃っても翌日にはジョリジョリと生えて来るので
もうこれは永久脱毛するしかないと思い、ネットで色々と調べてみました。

すると、脱毛サロンだけでは無く、皮膚科で医療用レーザーによる永久脱毛を受けられることを知ったのです。
脱毛サロンよりは、皮膚科の方が病院ということで安心感があったので
自宅から通いやすい場所にある皮膚科にさっそく予約をし、まずは診察をしてもらうことになりました。

診察の結果、レーザー脱毛を受けても問題が無いということで
その日からさっそく開始することに。

レーザーの光が目に入ると悪影響があるようで、アイマスクをしてから施術を開始します。
個人差はあるものの、多少の痛みはあると事前に説明されていたので不安だったのですが
実際にレーザーを当ててみると、我慢できないほどの痛みではありませんでした。

例えるならば、輪ゴムで肌をパチンパチンと刺激する程度の痛みです。
これがしばらく続くのですが、慣れて来るとほとんど苦になりませんでした。

初めてのレーザー脱毛が終了して肌を見てみると、やはり全体に赤くなって熱を持っていましたが
看護師さんがジェル状のものが入った保冷剤で冷やしてくれるので、すぐに治まります。

しばらくするとムダ毛がポロポロと取れて来ますよ、と説明され
炎症を抑える塗り薬をもらって帰宅しました。

そして本当に数日経つと、伸びて来たムダ毛が少し擦るだけでポロポロと落ち始めました。
これを何度か繰り返すうちに、ムダ毛がほとんど無くなると説明を受けていました。

私が申し込んだのは8回施術を受けられる定額コースだったのですが
回数を重ねる毎に明らかにムダ毛が少なくなり、8回目が終了した時には
最初の説明通り憧れのツルツルのお肌になりました。

ボツボツだった毛穴も縮まり、あんなに剛毛だったのが嘘のようです。
施術してから7年ほど経ちますが、未だに全くムダ毛は生えて来ません。

ちなみに、料金は両ひざ下で16万円ほどでした。
決して安い金額ではありませんが、結果には大満足しているので
医療レーザー脱毛を受けてみて良かったと思っています。

冬場だからと安心していたら・・

近所のママ友に誘われてソフトバレーのサークルに入ったのですが、そこで先日、とても恥ずかしい思いをするはめになってしまいました。
サークルと言ってもお遊びに毛が生えた程度でやっているので、専用のシューズを買うわけでも膝や肘当てを買うわけでもなく、動きやすい普段着を着て、体育館で履ける安いスニーカーなどを履いて皆で和気藹々とソフトバレーを楽しむ、と言った感じです。
それでもやはり夏場は全身に汗をかくので、半袖やハーフパンツなどを穿くため、腕や足は勿論ですが脇の無駄毛の処理なども欠かす事は出来ません。
しかし一方冬場は、体育館が古くてとても寒い事もあり、トレーニングウェアを着たり厚手のパーカーなどを着てやっているので、処理はどうしても適当になってしまいます。
そんなある日の事でした。
朝から生理が来てしまい余り体調がよくなかったのですが、前日にlineにて募った参加メンバーが私を含めて8人で、試合形式でソフトバレーが出来る人数のぎりぎりでした。万が一にも私が休んでしまうと4対4の試合が出来なくなってしまいます。
お遊びでやっているというものの、体育館使用料を払って集合時間まで家事をこなして参加している事です。
急に休むのが申し訳なくなり、ちょっと無理して参加する事にしました。
一時間くらいは何とかこなせていたのですが、少しずつ頭が朦朧としてきて、足がふらついていました。
メンバーの一人がそんな私の様子に気付き、「大丈夫?」と声を掛けてくれたところで私の記憶は一旦途絶えました。
そして次に目が覚めた時は体育館の医務室で寝かされていました。
どうやら貧血になって倒れてしまったようで、私の周りには心配そうにしているメンバーの顔がありました。
適切な対応のおかげで何とか帰宅出来るくらいになっていたので、体を起こすと何度もお礼を言って自宅へと帰りました。
しかし帰宅後、着替えようと思ってパーカーを脱ぐと、ブラジャーのホックが外れている事に気付きました。
倒れた時にでも外れたのかなと安易に考えた私は、メンバーの一人に電話を掛け私が倒れた時の事を詳しく聞きました。
そのメンバー曰く倒れてすぐ体育館の医務担当の方が来て下さり、着衣を緩めたほうがいいと言われたから、パーカーを脱がしてブラジャーのホックを外してくれたそうです。
私はその日、いつもなら半袖のTシャツを着ているのに、洗濯したものが乾いておらず代用として厚手のタンクトップを一枚だけ着ていました。
冬場なので当然、脇毛の処理はしておらず、手で触るとさわさわとしっかり毛の感触があります。
状況から、その場にいたほぼ全員が私の未処理の脇を見たと思われます。
電話で状況を聞きながら、顔から火が出るくらい恥ずかしかったのを覚えています。
以後、冬場であってもしっかり無駄毛の処理はするようにしています。

大阪 脱毛

きちんと無駄毛処理すればよかった…!

私のムダ毛処理が不十分で恥ずかしかった経験はこれです。

それは、大学の卒業写真を撮る日でした。
私は海外に留学して大学を出ましたので、日本とは少し違いそこでは真っ白いスーツを着ることが慣わしでした。
朝の8時から撮影で、いつもよりも早く起きなければならなかったのです。
しかし、私は肝心なときに寝坊してしまいました。
大学の卒業写真といえば、一生に残る貴重な一枚を撮る日になんてことをしてしまったのだろう…という思いでいっぱいでした。
私は普段は全く寝坊するような人ではないので、余計に悲しかったのです。

しかし、何とか急いでメイクして着替えを済まし撮影会場へと向かいました。
そして、やっとのことで順番が来ました。
皆、鏡を見ながら自分の髪型や服装を整えています。

私はふと、自分の足をみたときぞっとしました。
足のムダ毛処理をしていなかったのです…!
ストッキングの上からでも毛が生えているのが分かりました。
前日に剃る予定だったのに、すっかり忘れていたのです。
しかも、朝は寝坊してしまったため髪の毛もいつもよりぐちゃぐちゃです。

せっかくの記念に残る一枚を撮る日に限って、ムダ毛処理を忘れてしまったのです。
もう誰にも見られたくありませんでした。
幸い、そこまで毛が濃いわけではなかったので多分誰にも気づかれてはいません。
ただただ自分が恥ずかしかったのです。

女性にとってムダ毛処理をすることは、ひとつのマナーだと思うのです。

皆、いつもよりも気合を入れて綺麗にしていました。
私も一生に残る思い出の写真です、少しでも綺麗にして撮りたかったのにやってしまいました。

その思い出が忘れられなくて、卒業写真を見るといつも足に目がいってしまいます。
大学の最高の思い出を残したかったのに、今ではそんな変な思い出の一枚になっています。

それ以来私は、ストッキングを履く時や出かけるときには必ず忘れないように
前日に処理するようにしています。
自分でぞっとするくらいムダ毛があるなんてもう絶対に嫌です。

でも今ではその経験があったからこそ、気をつけるようになったので今では笑い話になりました。
こういう事は実際に自分で恥ずかしい思いをしてみないと分からないものですね。
失敗したことをそのままにせず、生かすことが出来たのでよかったです。

ムダ毛の処理は女性にとってはひとつのマナーとして、これからもしっかりしていきたいと思います。
足だけでなくもちろん、手や顔も常に綺麗に出来るように心掛けたいです。

名古屋駅前・栄・金山の脱毛サロン

生命保険に加入する場合

生命保険に加入する場合、社会人になるのをきっかけにされる方が多いと思います。その時はほとんどの方が個人での契約をされることでしょう。
しかし、結婚をされれば「家族」が出来ます。この時もまた生命保険の見直しを考える時でしょう。
そこで「家族型」の生命保険を紹介しましょう。

家族型の生命保険と言うのは主となる被保険者の配偶者や子どもを被保険者として保証するものになります。保険金と言うのは主となる被保険者に対して家族への金額は同額ではありません。主となる被保険者よりも家族への保険金は少なく設定されています。家族へも主となる被保険者と同額の補償を必要とするのであれば、家族それぞれに対して保険への加入をおすすめします。
しかし保険金が高くなれば保険料もUPします。
そこで金銭的な負担の軽減と言う事で家族型の生命保険と言う商品があるのです。保険料が割安ですから若い世代にはありがたい保険のタイプです。
基本生命保険と言うのは安心を買うものです。ですから、
一家の大黒柱である夫が亡くなった時以外は、高額な保険金は必要ないと考えの下に作られています。
万が一、夫が死亡した場合にこの家族型の生命保険は消滅してしまいます。この場合、妻が高齢であれば新たな保険に毛入することができない可能性もあります。家族型の生命保険は子どもが小さい時だけに限定し年齢が高くなるとともに見直しが必要であることを知っておきましょう。

空港ラウンジには接客担当が常に配置されていて、飲み物のサービスなどを提供してくれます。

また、コピー機やFAXの利用、プリンター、携帯電話の充電、新聞や雑誌の閲覧など様々なサービスを利用できます。
さらには、大きな空港にはシャワーや仮眠室なども完備されていたりと、至れり尽くせりといった印象ですよね。
では、空港ごとにラウンジはどのような違いがあるのでしょうか?

成田国際空港のラウンジは、手荷物検査の前にラウンジがあります。他の空港は手荷物検査の後のエリアにもラウンジが設けてありますが、成田空港の場合はラウンジでゆっくりしていても、30分前にはラウンジを出て手荷物検査を通らなくてはなりません。
設備はとても充実しています。

関西国際空港にはネットカフェと融合したラウンジがあり、シャワーやマッサージチェアなども設置されていて、とてもくつろげる空間になっています。
クレジットカード会社が運営するラウンジは一般エリアに1ヵ所、出国審査後のエリアに3ヵ所併設されています。

羽田空港のラウンジには仮眠スペースが設けられているので、乗り継ぎの間に休むこともできますし、仕事で訪れている方も睡眠を取ることができます。
また、最新式のマッサージチェアも設置されているので疲れを癒す目的での利用もいいですよね。

各空港のラウンジにはフリードリンクや、アルコールがワンドリンク無料で用意されていたりと、一般の待合エリアにはない特別なサービスが受けられるので、条件を満たしたクレジットカードを契約している方はぜひ利用してみて欲しいと思います。

生命保険は掛け金の一部が所得控除として扱われる

生命保険は掛け金の一部が所得控除として扱われることもあって、個人、そして法人の多くが加入しています。もちろん個人の場合には純粋にいざという時の保障を考えて安心して暮らすことが出来るように加入していることでしょう。法人では、どちらかと言うと節税対策の一環として加入しているケースが多いのではないでしょうか。ただ注意したいのが、毎年のように変更される税制です。保険などは、加入して1年で解約などは考えられません。長期で掛け金を支払っていくものです。期間が長い、その間に税制は変わることでしょう。加入じには、節税対策として大変効果的な保険だったはずが、突然の税制の変更で、メリットが少なくなることはよくあることです。例えば、がん保険では、
少し前までは保険料全額を控除として計上出来ました。しかし現在では税制改正され全額計上する事が出来なくなッテいるのです。このようなケースがよく起きるのです。ですから保険会社ではその都度、加入すると税金対策になるような保険の商品を販売するのです。まるで税制とのいたちごっこのようですね。最近は、長期平準定期保険、逓増定期保険等が注目されています。
また特に法人向けとして人気があるのが、公的制度である共済が提供している「中小企業倒産防止共済」です。これは
40ヶ月以上の加入期間で100%の解約返戻金が返ってきます。法人にとり魅力的な共済ですね。保険料を全額計上する事が出来ますから中小企業にとっては嬉しいものです。ただ、このような公的な共済であっても税制の改正により、メリットが減ることもあります。経営者は毎年の税制改正に注意が必要ですね。

毛穴が開いているとどうしても困る

毛穴が開いているとどうしても困る場合は、
人と接近するときです。
そんなに多くの人と顔と顔を合わせて
接近させることはないかもしれませんが、
恋人や夫など、男性と顔を接近することがあると、
毛穴は気になりますね。

特に、彼氏の前で、毛穴が開いていると
困ります。
それだけで幻滅されそうですし、
自分で自分にがっかりしそうです。

デートに行くときに、毛穴が開いていると、
がっかりします。
化粧でうまくごまかしても、
時間がたつとまた開いてきて
気になりだします。

毛穴がしっかりと引き締まっていて、
化粧乗りも良ければ、それだけで今日のデートはうまくいきそうな
気もしていきますね。

最初の準備は大事なので、ここぞという日には、
肌の状態が本当にいいといいですね。

化粧水の使い方について

「化粧水って洗顔後直ぐにつけないといけません!
 リミットは3分です!」
なんて夕方の情報番組でやっていた(°д°)/

リミット3分って早すぎじゃないですか??
3分といえばやっぱり思い浮かぶのがカップラーメン。
カップラーメンを待っている時はとっても長く感じるけど
洗顔後の3分ってあっという間じゃないですか。
特にお風呂で洗顔した後って体をタオルでふいていたら直ぐに3分ってたっちゃう。

化粧水をつけるタイミングって一体どうなんっているのか
本当のところはどうなのか気になったので調べてみたら、
とにかく水分蒸発は早いので洗顔をしたら即化粧水と意見が多かったです。

リミット3分どころじゃありません!!
即化粧水!!

洗顔後の水分蒸発って半端ないくらいにどんどん進んでいる様子。
お風呂から出たら、目の前に化粧水スタンバイですよ。
私は子供がいるので子供をタオルでつつみ、ママは肌にお水を与えないと
綺麗なママでいられないのよ・・・なんて言ってみようかしら。

化粧水をつけるタイミングはわかったけど、必要な量ってわかりますか?
化粧品にはこれぐらいの量が適していますよって、丁寧に必要量が書いてあるけど
私はそんなの無視して量が多ければ多いほどいいのかと。

化粧水にはいろんな成分が入っているし、後のスキンケアをスムーズにするためには
やっぱり適した量を守ったほうがいいみたいですね。

そして迷うのが手で付けるか、コットンで付けるのかってこと。
私は今は手でつけています。
なぜって、コットンだと面倒でコットン買わないといけないし。
手の方が経済的かなって。
でも手・コットンともにメリット、デメリットがあるって分かって
このことを知っておくと正しく化粧水をつける事ができるのでいいですよ。

まずは手のメリットとデメリット。
<メリット>
直接肌に触れるので感触が優しい。
保温効果もある。
化粧水の量の調節がしやすい。
<デメリット>
衛生面が心配だ。
目の際とか細かい部分がやりずらい。

コットン使用は
<メリット>
肌にムラなくまんべんなくつける事ができる。
細かい部分にもつける事ができる。
<デメリット>
パッティング回数や力加減を間違えると肌に負担をかける。

以上のようなメリット・デメリットがあるんです。
手でつける派の私はなるべく目の周りとか口の周りとか気をつけるようにしています(*゚▽゚*)
肌がしっとりと吸い付く感じがしたら水分がきちんと肌にはいっている証拠なんですって
そうゆうことも手で化粧水を入れることで、直ぐにわかりますしね。

私の性格ががさつなので、コットンの力加減がどうしても調節できず
コットンは諦めて、せっせと手で付けています。

使っていないコットンはコットンパックに使用しています。
コットンに化粧水をたっぷりと含ませて
顔全体パックや部分パックに使っていますъ( ゚ー^)イェー♪

佐伯チズさん方式でやってまーす。
コットンを水で一回濡らして絞ってから化粧水付けて
パック時間は約3分です☆
時間をかけすぎちゃうと、せっかく肌に入った水分がコットンに戻ってしまうらしいので
要注意ですよー。
最初に話したようにカップラーメン待ち時間3分とは時間の流れが違うので
何かをしながらコットンパックをする場合はあっという間に時間がすぎるので
気をつけてくださいね。

なんか、歳をとる度に潤いや保湿とか遠ざかっている感じ。
化粧水は速攻つける!を守ってこれからもスキンケア頑張ろうっと。

敏感肌用化粧水